おとなの自動車保険

自動車(質問) > 補償内容について > 弁護士費用特約 > 弁護士費用特約とは、どのような特約ですか?

おとなの自動車保険 よくあるご質問

内容参照

弁護士費用特約とは、どのような特約ですか?

  • 弁護士費用特約は、記名被保険者、そのご家族またはご契約のお車に搭乗中の方などが自動車に関わる被害事故にあい、相手方に損害賠償請求を行う場合に生じる弁護士費用等や、法律相談をする場合の費用をお支払いする特約です。

    この特約は、お客さまの事故に対する責任(過失)の有無にかかわらずご使用いただけます。

    なお、信号待ちで停止していた時に追突を受けてしまったというような被保険者に損害賠償責任がない事故の場合、保険会社は相手方に対して賠償支払い(相手方に支払う保険金)がないため、弁護士法第72条 (非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)によって相手方と交渉を行うことができない決まりになっています。
    そのような場合、この法律上相手方と交渉できるのは、被害にあわれたご本人さまと弁護士のみになります。一般の方にとって、知識も経験も少ない示談交渉を行うのは簡単なことではありません。 このような場合、「弁護士費用特約」をセットすることで弁護士依頼にかかる費用負担に備えることができます。(相談料:10万円、弁護士費用:300万円限度)

    自動車に関わる被害事故の「自動車」とは、ご契約のお車だけでなく、タクシーやバス、友人の車など自動車全般をいい、原付・二輪自動車も含みます。
    また、記名被保険者、そのご家族については、お車搭乗中だけでなく、ご自身が歩行中の場合の交通事故など、自動車全般に関わる被害事故も含みます。

    ※自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故は、自動車に関わる事故ではないので対象にはなりません。


      弁護士費用特約の対象となるケース(例)】
    • ・赤信号で停車中に追突されてケガをした。
    • ・横断歩道を歩行中、信号無視の自動車にひかれてケガをした。
    • ・乗っていたバスが急停車してケガをした。

      • このような被害事故にあい、相手方に損害賠償請求を行った際に、
      • ・相手方が無保険で交渉が進まない
      • ・相手方が損害賠償請求に応じない
      • ・相手方の提示した賠償額に納得がいかない
      • などの場合に、弁護士に交渉を依頼するときの弁護士費用等をお支払いします。

        弁護士費用特約の対象にならないケース(例)】
      • ・歩行中に、飛び出してきた自転車にぶつかってケガをした。
        (自動車に関わる事故ではないので、対象にはなりません。)

        【補償の対象となる方】
      • 記名被保険者とそのご家族、またはご契約のお車に搭乗中の方が補償の対象となります。
        なお、記名被保険者とご家族については、歩行中などに自動車事故の被害にあわれた場合も対象となります。
      • 記名被保険者本人
      • 記名被保険者配偶者
      • 記名被保険者または配偶者の別居の未婚のお子さま
      • 記名被保険者または配偶者同居親族
      • 契約自動車の所有者
      • 契約自動車に搭乗中の方

      【個人賠償責任特約との違い】
      損害賠償に関する弁護士費用で、間違えやすいのが「個人賠償責任特約」です。
      個人賠償責任特約」とは、自動車の所有・使用・管理に起因する事故以外の日常生活の事故によりお客さまが法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手方に支払う損害賠償金および損害賠償に関わる費用を補償するものです。
      例えば、「ご家族が自転車で人にぶつかってけがをさせてしまった」、「飼い犬が人を噛んでけがをさせてしまった」、といった場合に補償の対象となります。

    関連カテゴリ
    自動車(質問) > 補償内容について > 弁護士費用特約

この内容は参考になりましたか?

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
閉じる