ご契約者の方

事故にあわれた方

簡単シミュレーション※個人情報は必要なしトップ

お見積りの呼び出し

お客さまサポートセンターに電話する
0120-55-0107

新サービス開始 おとなの自動車保険 LINEアカウント開設しました!!詳しい機能など、詳細はコチラ!

ホーム

よくあるご質問

お見積り・お申込み手続きについて

その他

同じ車種でも、保険料が違うことがあるのはなぜですか?

ホーム

よくあるご質問

お見積り・お申込み手続きについて

その他

同じ車種でも、保険料が違うことがあるのはなぜですか?

よくあるご質問

Q 同じ車種でも、保険料が違うことがあるのはなぜですか?

A
自家用乗用車(普通・小型)は「型式料率クラス制度」を採用しており、料率クラス車種よりも細かい区分である「型式」ごとに設定しています。
そのため、同じ車種であっても「型式」により料率クラスが異なる場合があり、保険料が違うことがあります。

この内容は参考になりましたか?

ご回答いただきましてありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

関連するQ&A

他の保険会社の見積りと比べると、「おとなの自動車保険」のファミリーバイク特約の保険料が倍近く高いのはなぜですか?

A. おとなの自動車保険のファミリーバイク特約の保険料が高いと感じられた方は、他社のお見積りが当社でいう「ファミリーバイク特約(自損)」タイプで、当社のお見積りが「ファミリーバイク特...

「40代と50代にうれしい」とありますが、60歳を超えると保険料が急に高くなるのですか?

A. いいえ、保険料が60歳から急に高くなるということではありません。 おとなの自動車保険は1歳刻みの保険料体系としており、事故率の低い40代50代が割安になるという特長がありますが、59歳...

「搭乗者傷害特約(入通院一時金補償型)」で保険金額を選べないのはなぜですか?

A. 「搭乗者傷害特約(入通院一時金補償型)」は、ご契約のお車に搭乗中の方がおケガをした場合の入通院一時金だけを治療日数と症状により補償するためです。 「搭乗者傷害特約(入通院一時...

カテゴリから探す

ページトップへ