じぶんでえらべる火災保険HOME> 火災(保険金お支払い事例)> 火災、落雷、破裂・爆発> 火災>

電気ストーブに毛布がかぶさり出火【建物】【家財】

保険金お支払い事例

カテゴリ火災、落雷、破裂・爆発(残存物取片づけ費用、損害防止費用)

電気ストーブに毛布がかぶさり出火【建物】【家財】(茨城県在住のS様)

寒い冬の夜、S様は帰宅し、子供の寝顔を見ようと2階の子供部屋を開けたところ、電気ストーブ付近から火が出ているのを発見しました。
出火に気付き、洗面所の水で消火することができましたが、天井の壁の一部、ベッド、電気ストーブなどが燃えてしまいました。

ベッドの近くにおいていた電気ストーブに、毛布がかぶさったことが出火の原因でした。

被害額:¥650,500

    建物の損害 : ¥320,000
  • 仮設工事
  • 解体工事
  • 木工工事
  • 内装仕上工事
    家財の損害 : ¥330,500
  • ベッド、マットレス羽毛布団、毛布など
  • 電気ストーブ、ホットカーペット

この損害を補償するのは

【お支払いした保険金】

損害保険金(保険金額限度) :  ¥650,500
残存物取片づけ費用(損害保険金×10%限度 ※1) :  ¥65,050
臨時費用(※2) :  ¥195,150 (※3)

合計  ¥910,700

  • ※1 「残存物取片づけ費用」は、「基本補償(火災、落雷、破裂・爆発)」に含まれます。
  • ※2 「臨時費用」は、諸費用補償特約をお選びいただいた場合にお支払いします。
  • ※3 保険始期日が2020年6月30日以前のご契約の場合の算出金額です。

事故解決のプロフェッショナルからのコメント

「火災保険」と聞いて、真っ先に思い浮かべるのが火災ではないでしょうか。耐火性能が高い住宅が増えたことにより、建物の全焼事故の発生件数は減少傾向にありますが、依然として、全焼に至らない小火(ぼや)などによる被害が発生しています。ご自身で消火できる程度の小火が多いのですが、被害が小さくても、火災の事故においては、保険金請求の際に罹災証明が必要になります。そのため、消防署による消火活動の有無にかかわらず、必ず消防署に連絡をしていただき、罹災証明を取得していただきますよう、お願いいたします。プロフェッショナルの紹介

【補償内容:火災】 保険金お支払い事例

他の事例を見る

火災、落雷、破裂・爆発(残存物取片づけ費用、損害防止費用)

この補償について詳しく見る

取り上げてほしいテーマ、ご意見・ご感想をお聞かせください。

「火災保険 補償えらびのコツ」は皆様のもっと知りたいことを取り上げてまいります。「ここが分かりにくかった」「もっとこういうテーマについて掲載してほしいなど」、ご意見・ご感想をお待ちしております。

ご意見・ご感想

ページトップへ