保険金お支払い事例

カテゴリ風災、雹(ひょう)災、雪災(残存物取片づけ費用)

雹(ひょう)で窓ガラスが割れた【建物】(茨城県在住のF様)

5月のある日、茨城県は朝から天気が悪く昼前から雷が鳴りだしました。F様が自宅で掃除機をかけていたところ2階からゴツゴツという音が聞こえました。

2階に上がり、窓を開けてみると雹が降っていました。

雹が降り止むのを待ち、確認したところ1階と2階の南側の窓ガラスが割れていました。

被害額:¥135,000

    建物の損害 : ¥135,000
  • 窓ガラスの交換

この損害を補償するのは

【お支払いした保険金】

損害保険金(保険金額限度)※1 :  ¥135,000
臨時費用 ※2 :  ¥40,500 (※3)

合計  ¥175,500

  • ※1 自己負担額(免責金額):なし
  • ※2 「臨時費用」は、諸費用補償特約をお選びいただいた場合にお支払いします。
  • ※3 保険始期日が2020年6月30日以前のご契約の場合の算出金額です。

事故解決のプロフェッショナルからのコメント

雹(ひょう)による被害は、時期的に5月から8月上旬にかけて発生し、特に東北地方・北関東の内陸部に多くみられます。雹(ひょう)災は、窓ガラスや瓦が割れることが多いので、片付けの際はガラスの破片などでおケガなどされないよう、ご注意ください。プロフェッショナルの紹介

【補償内容:雹(ひょう)災】 保険金お支払い事例

他の事例を見る

風災、雹(ひょう)災、雪災(残存物取片づけ費用)

この補償について詳しく見る

取り上げてほしいテーマ、ご意見・ご感想をお聞かせください。

「火災保険 補償えらびのコツ」は皆様のもっと知りたいことを取り上げてまいります。「ここが分かりにくかった」「もっとこういうテーマについて掲載してほしいなど」、ご意見・ご感想をお待ちしております。

ご意見・ご感想

ページトップへ