よくあるご質問

Q
「現場での応急処置」とは、何ですか?
A
お車に事故、故障、トラブルが発生し、自力で走行することができなくなった場合に、現場にて完了する次のような応急処置をいいます。

◆対象となる主な事例
・バッテリー上がり時のジャンピング(ケーブルをつないでエンジンをスタートさせること)
・スペアタイヤへの交換
・カギの開錠(国産車・輸入車の一般シリンダーキーの開錠)
・各種オイル漏れの点検、補充作業等
・ボルトの締付け
・各種ランプ類のバルブ、ヒューズの取替え作業
・冷却水の補充作業
・脱輪の引上げ



【ご注意】

・ バッテリー充電代、バルブ・ヒューズ等の部品代、各種オイル・冷却水などの消耗品代、カギの作成費用、パンク修理代、季節用タイヤへの交換、チェーン脱着の作業費用は、お客さまの自己負担となります。ただし、2018年1月1日以降補償開始契約の場合、JAF会員で当社のロードアシスタンスをセットした場合は、応急処置の際の部品代・消耗品代を、4,000円を限度にお支払いします。

・セキュリティ装置付き車両の開錠など、現場での応急修理に対応できない場合もあります。その場合は、レッカーけん引にて対応します。


この内容は参考になりましたか?

ご回答いただきましてありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

関連するQ&A

カテゴリから探す

ページトップへ